私たちは大正7年(1918年)の創業以来、「堅実経営」をモットーとして木とともに歩んでまいりました。
当初は原木・製材業からスタートし、時代を経るにつれ、木材全般、建材、プレカット、住宅設備機器、木材直輸入、海外への日本の木材輸出への挑戦と積極的に取組を広げ、現在では建築資材総合商社として「快適な暮らし」を提供するため木材・建材流通業として日々研鑽を積んできました。
住まいに関する多くの商品サービスを取り扱うようになっても、社員一同「材木屋のDNA」を忘れる事なく、木へのこだわりや無垢の木材商品への自信を持ちお客様にご提案しています。

 

消費者の嗜好や流行の変化が大きく、いろいろな商品が誕生しては消えていくスピードの速い現代、私たちは木材・建材流通業として、国内へ、海外へ、一般の方へ、プロの方へ、「木の美しさを伝える」ことを使命と感じています。
古材や古民家など、先人たちから伝え守られてきたもの、これらについては私たちは、価値観の多様化した現代においてこそ嗜好され評価されるものだと信じています。

 

あらゆる面で「グッドカンパニーをめざす」事が会社の基本理念であり、私たちは創業時の「日本の快適な住まいづくりに貢献する」という熱い情熱を決して忘れる事なく、古い伝統と新しい技術や若い人財の力を織りまぜて「住宅業界に新しい風」を起こそうと考えております。

創業時の風景

古材倉庫岐阜店 代表 吉田芳治